認知症予防ガイド > 認知症予防のアクティビティ・ケア >

お洒落のアクティビティ・ケア ブックマーク数

女性にとって、お洒落をすることはワクワクするものですよね。いくつになっても美しく見られたいのが女心。華やかな自分を他者にアピールすることで、心が活き活きしてきます。

高齢者となった今でも、お洒落に気を遣っている人は多いのではないでしょうか?
最近では、男性でも化粧をしたり着飾ったりしている人が増えているそうです。そのせいか、お店などで男性向けの化粧品が売られていたり、ファッション雑誌の数も多く見られるようになりました。

お洒落をすることは、年齢・性別関係なく人間が本来持っている「美しくありたい」という本能なのかもしれません。認知症予防では、このお洒落を活かしたアクティビティ・ケアが展開されています。

お洒落の効果

化粧や髪型、洋服に気を遣ってお洒落を楽しむことは認知症予防に繋がると言われています。お洒落による効果は以下のようなことが挙げられます。

  • 自信がつく
  • 脳の活性化
  • 満足感が高まる
  • 人と会いたくなる
  • 表情や動作が豊かになる

お洒落には、自信や満足感を高める効果があるため、気持ちが一気に若返るそうです。気持ちの若返りは、脳を活性化させるため、老化防止にとても良いと言われています。脳が活発になれば、自然と心も体も健康的になるはずです。

対人関係を積極的にさせる効果

また、お洒落をすることで「誰かに見てもらいたい」という欲求が募り、人への関心が強まります。さらに、「みんな私をどう見ているだろう?」「化粧して笑われないかしら?」と他者に向ける意識も高まってくるのです。

このように、お洒落は不安の軽減や対人関係を積極的にさせる効果があるのですね。自分をキレイに見せようと、化粧して素敵な洋服を着ると心がウキウキしてきます。心が豊かになれば、表情や動作の豊かさにも繋がってきます。

脳と心に若さを与えるのに、お洒落は効果的な方法なのです。家でもお洒落を楽しんで、徐々に若々しさを取り戻していきましょう。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね♪



シェア