認知症予防ガイド > 認知症予防のアクティビティ・ケア >

音楽のアクティビティ・ケア ブックマーク数

認知症予防として、音楽の効果を活かしたアクティビティ・ケアがあります。音楽によるアクティビティ・ケアは、その名の通り、音楽を活用して行う活動のことです。

音楽には、リラックス効果や昔の記憶を思い出させる働きを持つと言われています。また、音楽を周囲の人と楽しむことで、他人とのコミュニケーションを取るきっかけにもなります。そのため、高齢者だけでなく障害児教育や医療現場などでもよく用いられているみたいですね。

確かに、好きな音楽を聴いていると心地良い気分になったり、懐かしい歌でふと昔の記憶が蘇ったりします。音楽が様々な領域で活用されている理由がよく分かる気がします。

音楽のアクティビティ・ケアの種類

音楽のアクティビティ・ケアとして、一体どのようなものがあるのでしょうか?

  • カラオケ
  • 音楽鑑賞
  • 演奏

音楽はひとりや大勢で楽しめるものなので、日常に取り入れやすいと思います。

カラオケ

認知症予防に効果的だと言われているのがカラオケです。カラオケは、音楽に合わせて歌ったり、歌詞を暗記するため、脳を広い範囲で活発にさせます。また、歌詞の意味を理解しながら歌うと、より頭が働くそうです。

よく、ストレス解消にカラオケをする人がいますよね。歌と歌うことは、中に溜まったストレスを外に吐き出すのにカラオケは最適です。精神的なストレスも解消されやすいので、心の健康にも役立ちます。脳の活性化と共に精神的な安定も図りたいものですね。

音楽鑑賞

みなさんは、昔好きだった歌や忘れられない曲はあるでしょうか?

歌や曲は記憶に残りやすいと言われています。懐かしい音楽を鑑賞することで、頭の中に過去の記憶が自然と蘇っていきます。昔を思い出すのは脳に良い刺激を与えて、脳の活性化に繋がるそうです。

また、若々しかったあの頃を回想することで、精神的な活力を取り戻ることも可能です。自分が一番輝かしかったときのことを思い出すのは、不思議と心が活き活きしてきますよね。カセットテープやCDなどで懐かしいメロディを流してみましょう。

楽器を演奏する

音楽に乗せて演奏するのは、脳の活性化に繋がります。リズムに合わせて楽器を扱うことで、手先の運動や音楽を楽しむ心が生まれ、脳に良い刺激を与えます。

演奏とはいえ、ピアノやヴァイオリンのような楽器を使うことはありません。カスタネットやタンバリンなどの手軽に使える楽器や手拍子をしても良いのです。

大切なのは、周りの人たちとリズムを共有して一体化することです。誰かと一緒に音楽を楽しむことで、心の中に連帯感や安心感が生まれてきます。これは言語を超えたコミュニケーションとなり、周囲との交流が芽生えてくるはずです。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね♪



シェア