認知症予防ガイド > 認知症予防のアクティビティ・ケア >

運動のアクティビティ・ケア ブックマーク数

運動のアクティビティ・ケアは、無理な運動をしないことが大切です。運動のアクティビティ・ケアについて紹介します。

無理せず継続的な運動を

効果的な認知症予防を行うのに運動は欠かせません。これは高齢者になっても大切なことで、寝たきり防止にも体を動かすのは必要です。

しかし、運動という言葉に対して、高齢者の方は少し敬遠してしまうかと思います。高齢者になると筋肉は急激に衰え、疲労も溜まりやすいです。また、運動と聞くだけで「激しいランニングやスポーツをしないといけないのではない」というイメージを強く持ってしまいがちです。

けれど、運動とはいえ、必ずしも激しい運動をする必要はありません。特に高齢者の場合は、ウォーキングやストレッチなど簡単な運動程度で良いのです。大切なのは、無理せず継続的な運動を心がけることだと思います。

最初から目標の高い運動をしてしまうと、なかなか長続きしないものです。ゆっくり焦らず、自分に見合った運動を心がけてみてください。

「自分に出来る運動が何なのか分からない」という方は、主治医や専門家に相談しましょう。

アクティビティ・ケアの運動の種類は、こちらをご覧ください。
運動のアクティビティ・ケアの種類

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね♪



シェア