認知症予防ガイド > 認知症予防のアクティビティ・ケア >

運動のアクティビティ・ケアの種類 ブックマーク数

認知症予防のアクティビティ・ケア運動として、一体どのようなものがあるのでしょうか?例を挙げると、ウォーキングやスクワット、バランス訓練などです。

運動のアクティビティ・ケアもご覧ください。

ウォーキングの方法

ウォーキングは、誰でも簡単に行える運動の一つだと言えます。運動を始めようと考えている方は、まずウォーキングで体慣らしをしてみると良いかもしれません。

<ウォーキングの方法>
1日に1回から2回、30分間いつもより速めに歩きましょう。
最初は週に3回など少なめにして、徐々にウォーキングの回数を増やしていくと良いそうです。

自分に無理のないペースで進めていくことが大切です。

スクワットの方法

スクワットは、足に筋肉をつける効果を持っています。自宅でも出来る気軽な運動なので、試してみると良いかもしれません。

<スクワットの方法>
まず真っ直ぐに立って足を肩幅より少し大きく開きます。
そのまま前を見ながら、ゆっくりと腰を落として膝を軽く曲げた状態を5秒間保ち続けましょう。
そして、静かに姿勢を元に戻して、再び真っ直ぐ立ちます。
この流れを10回程度繰り返すと良いそうです。

足が不安定な方や高齢者の人は、椅子などに掴まりながら行うと良いかと思います。スクワットは、関節に負担をかけやすいので、無理せず行ってください。足に痛みが生じたら直ぐに中止することがオススメです。

バランス訓練の方法

バランス訓練は、体の安定だけでなく手足のトレーニングにもなります。ここでは、四つん這いになって行えるバランス訓練をご紹介したいと思います。

<バランス訓練の方法>
まず四つん這いの状態になって片足を持ち上げます。
5秒間そのままの姿勢を保ち、四つん這いの姿勢へと戻していきます。
これを右足・左足と交互に5回行うと良いそうです。

バランスを崩して転倒してしまわないように注意してください。

指体操の方法

指体操は脳を活発に効果を持っていると言われています。手の動きは脳と繋がっているたしく、指を動かすことで頭に良い刺激を与えるということが分かりました。簡単に脳を活性化させるのに、指体操は気軽に行える運動だと思いませんか?

<指体操の方法>
まず握りこぶしを作り、小指から順番に手を開いていきます。これを10回程度繰り返します。
次に、両肘を伸ばして、片方の指をもう片方の手で持ち、5秒間指を反らしましょう。
右手と左手の交互で10回程度行って、終了です。

この指体操を毎日少しずつ行うことで、脳の活性化に繋がると言われています。指体操の他にも、手先を動かす麻雀や囲碁なども脳に良い影響を与えてくれます。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね♪



シェア