認知症予防ガイド > 認知症予防の方法(日常生活) >

アニマルセラピーを用いた認知症予防 ブックマーク数

動物の世話をすると、認知症予防に効果があると言われています。動物の面倒を見てあげることで、「必要とされている」という気持ちが大きくなり、脳によい刺激を与えるそうです。

普段あまり外出をしなくても、ペットがいれば散歩に連れて行くようになり、体力の低下も防げるようになります。また、犬や猫など、動物達と触れ合うと自然と心が安らいできますよね?動物の仕草を見ているだけで癒されたり、自然と笑顔になり、精神的な安定を図ることも出来るのです。

さらに、ペットを飼っている人同士との出会いも増えてくるため、色々な人と交流する機会も増えてくるかもしれません。動物は、ストレスの緩和や不安を軽減させる効果を持っています。

一人暮らしで孤独を感じている人にとって、動物との生活は心に潤いを与えてくれるのではないでしょうか?

アニマルセラピーとは?

アニマルセラピーという療法をご存知ですか?アニマルセラピーとは、動物を用いた動物介在療法のことを言います。

動物と関わることで、人間の健康面と精神面の向上をさせることが目的だそうです。アニマルセラピーは、動物を触れ合うことで得られる心の安らぎの効果を活かして心身ともに元気にさせるのです。

人間同士のコミュニケーションばかりだと、お互いに亀裂が生じたりストレスが溜まりやすくなります。また、高齢者になると人と関わる機会も減ってしまいます。

その間に動物を入れることで、不思議と癒しとぬくもりが生まれてきます。動物と何度も交流を重ねていくと、精神的な支えが出来て自立性や積極性が現れます。現在では、このような動物を活用した療法が存在するのですね。

多くの施設に導入されているアニマルセラピー

アロマセラピーは数多くの病院や高齢者施設などで導入されています。長期入院している高齢者にとって施設に動物がいることで、利用者の癒しやストレス解消となっているようです。

動物のお散歩にも利用者が一緒に行くので、体を動かす機会も自然と増えていきます。アニマルセラピーを取り入れることで、笑顔も増え、心身ともに健康になっていくのですね。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね♪



シェア