認知症予防ガイド > 通信教育で脳を活発に >

ゆびで編む編み物通信講座は指を動かすことで脳がイキイキ ブックマーク数

ハートのキャンドル

ゆびで編む編み物通信講座は、かぎ針、編み棒、一切不要!ゆびだけを使って編み物が楽しめます!

ゆび編みとは、その名の通り、指を編み棒やかぎ針に見立てて、マフラーやセーターなどを編んでいく画期的な手法の編み物。指の太さがそのまま編み目の大きさになりますから、ざっくりと柔らかな仕上がりが特長です。作品は作り手の個性にあふれたものになるのも魅力のひとつです。

●無料資料請求はこちらから>> ゆびで編む編み物通信講座

講座の内容

基本となる編み方は3種類だけ。編み物の本につきものの複雑な編み目記号がありませんから初めての方でも簡単に作品が編めるのです。1メートルほどのマフラーなら2~3時間もあれば完成。年齢、性別を問わず、楽しめます。

  • ゆび編みの最も基本となる<細編み><アフガン編み><メリヤス編み>の手法をマスター
  • マフラー・帽子・ひざ掛け・手提げを編む
  • 毛糸の換え方
  • 目の増やし方・減らし方
  • 編み方を混ぜていく方法、ほか

受講のポイント

指を動かすことで脳がイキイキと

指先を意識しながら適度に動かすことで、脳の活性化にも効果が期待できます。楽しい趣味が脳にも良いのですから、一石二鳥と言えるでしょう。

誰でも楽しめる手軽さが人気の編み物

従来の編み物と違って、道具を使わずに難しい記号などもなく誰でも楽しめる手軽さが人気の指での編み物。器用・不器用が気になることがなく、ちょっとした時間に少しづつ進められることで、長続きしやすい趣味とも言えます。

道具は不要!それでいて完成度の高い作品が作れます

材料となる毛糸は教材にセットしてあるので、新しく道具をそろえる必要がありません。針を使うこともないので、小さな子どものいる母親や、ご高齢の方でも安心して楽しめます。どなたでも、色鮮やかなマフラーやネックウォーマーなどが作れます。

編み物の手順をいちから詳しく解説

教本となるテキストでは、編みこみの手順をイラストや写真を使って順番に説明しています。さらに、細かい指先の動きもDVDを使って何度でも見ることができるので、あなたのペースで作品づくりが楽しめます。

教材の中身

ゆびで編む編み物通信講座の教材の中身はこちらです。

ゆびで編む編み物通信講座

【教材】

  • テキスト(基礎編・応用編)
  • ガイダンス
  • レポート指導提出用紙 (3回分)
  • 基本編み方ガイド

【用具・材料】

  • リリヤン編み器
  • 毛糸(アクリルタワシ用6個/マフラー・帽子用8個/ひざ掛け用3個/手提げ用4個
  • 課題提出用封筒

指導課題数 ▲回
標準受講期間 ▲ヵ月

●無料資料請求はこちらから>> ゆびで編む編み物通信講座
詳しい資料を無料で送ってもらえるので、興味があれば請求してみてはいかがでしょうか?

※最新の講座内容については通信教育の「がくぶん総合教育センター」のサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね♪



シェア