認知症予防ガイド > 認知症予防の方法(食材) >

ブルーベリーで認知症予防 ブックマーク数

ブルーベリーで認知症予防

ブルーベリーを食べていますか?
ブルーベリーといえば、目に良い食べ物として有名ですよね。しかし、実は認知症予防にも効果があるそうなのです。

ブルーベリーが認知症予防に役立つ理由

なぜブルーベリーが認知症予防に役立つのでしょうか?

それはブルーベリーにアントシアニンという成分が含まれているからです。アントシアニンとは、ポリフェノールの一種で紫色の色素のことをいいます。このアントシアニンが老化防止や脳のストレスを和らげる働きを持つのです。そのため、アントシアニンを摂取することで認知症を引き起こすリスクが低くなると考えられています。

また、アントシアニンには強い抗酸化作用があります。抗酸化作用によって、活性酸素を抑え生活習慣病の改善に効果的だそうです。

ブルーベリーには、認知症の進行を防ぐ栄養素が豊富に含まれています。身近に手に入る果物なので、手軽に食べられるのが嬉しいですよね。毎日の生活の中に取り入れるだけでも、脳が活発にしてみてください。

目のトラブルにはブルーベリーを

ブルーベリーは、目に良い食べ物の代表としてもよく名前が挙げられますよね。ブルーベリーが目に良いのは、一体なぜなのでしょうか?

ここでも活躍を見せるのは、ブルーベリーのアントシアニンです。
アントシアニンは、毛細血管を守ったり、網膜の血行を改善させる働きがあります。
そのため、目の疲れをとって元気にさせる力があると言われているのです。目のかすみや視力低下などには、ブルーベリーのアントシアニンが役立つと考えられています。

ブルーベリーはそのまま食べるのも良いですが、私のオススメはヨーグルトに入れる食べ方です。ヨーグルトに入れれば、デザート感覚で食べられてとても美味しく感じられます。

普段からブルーベリーを手軽に摂取したいという人は、ブルーベリージュースにするのが良いかもしれません。ジュースにすればどこにでも持ち運びが簡単に出来るので、外出中にも便利になるかと思います。

自分の好きな方法で、ブルーベリーを摂取してみてください。

※認知症予防に良いからといっても、特定の食材を食べ続けると、食生活が偏ってしまいます。また、偏った食生活は、脳に悪影響を与えてしまい逆効果となります。栄養のバランスの良い食事をとることが大切です。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね♪



シェア