認知症予防ガイド > 認知症予防の方法(日常生活) >

掃除を用いた認知症予防 ブックマーク数

掃除には認知症予防の効果があるということをご存知でしたか?掃除のやり方を少し変えるだけで、脳を活性化させる方法があるのだそうです。それでは、その方法とは一体どのようなものなのでしょうか?

認知症予防に効く掃除の方法は、右手と左手で違う動きを一緒に行うと良いそうです。

例えば、ホウキとチリトリを用いて掃除を行ってみます。ホウキでゴミを掃きながら、チリトリでゴミを集めるという行為を同時にすることで、脳が広い範囲で活性化されると言われています。

左右とも異なりながらも違う動きをすることで、認知症予防に役立つのですね。いつも掃除機で済ませている方は、ホウキとチリトリを使って掃除をしてみてください。

掃除は軽い運動にもなる

掃除は、手や足腰を動かす家事の一つです。普段なかなか外出や運動をしていなくても、掃除となると自然と体を動かすことになります。

掃除は、体力を使ってこまめに動く作業です。掃除を続けることで、身体機能が上がり、体力維持に繋がっていきます。体を動かしながら家の中も綺麗になるので、まさに一石二鳥となりますよね。

軽い運動程度でも、体を動かすのはとても大切なことです。もしも、「最近、全く運動していないな」と感じたら、ご自宅の掃除に励んでみてください。

掃除は転倒防止にも役立つ

掃除には、身体機能を上げたり認知症予防といった効果を持っています。しかし、それだけではありません。実は、掃除には転倒防止にも役立つのです。

高齢者になると、徐々に足腰が弱くなってしまいます。足腰の老化は、転倒を招く原因になるので、骨折する可能性が考えられます。また、骨も少しずつ脆くなってくるので、軽く転んだだけでも骨が折れやすくなるそうです。転倒を少しでも防ぐには、一体どのような方法があるのでしょうか?

それには、まず自分にも出来ることをやっておく必要があると思います。身近なことを一つ挙げると、掃除です。部屋に本や服などが床に散らかっていると転びやすくなってしまいます。転倒を防止するためには、まず自分の身の回りの掃除から始めてみませんか?

掃除でストレスを軽減する

家の中が汚いと、探し物をするときに困ってしまいますよね。必要な物が見つからないと、苛立ちやストレスが溜まってしまい、精神的に悪影響が及びます。逆に、整理整頓がきちんとされていると、直ぐに物を見つけやすいので、ストレスが軽減されます。

また、掃除をし終えると、気分がスッキリしたり落ち着いたりしませんか?掃除を終わらせたというやりきった感と充実感が生まれます。家の中を綺麗にすることは、精神的な安定も与えてくれると考えられています。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね♪



シェア