認知症予防ガイド > 認知症予防の方法(食材) >

レバーで認知症予防 ブックマーク数

レバー認知症予防に効果のある食べ物だということをご存知でしたか?

レバーで認知症予防

レバーで認知症予防

私はレバーが大好きで、焼肉や焼き鳥では必ずと言っていいほどよく食べています。しかし、私の周りではレバーが好きだという人がとても少ないです。

大学の友達もレバーの苦手な人が多く、なぜかと理由を尋ねると、「臭味がイヤ」「食感が好きじゃない」という意見がありました。レバーには独特なクセがあるので、好き嫌いが分かれやすい食べ物なのではないかと思います。

レバーに含まれるビタミンB12

なぜレバーが認知症を予防するのでしょうか?

それは、レバーに含まれているビタミンB12という成分があるからなのです。ビタミンB12とは、赤血球を作る働きを持ち、貧血を抑えるビタミンだと言われています。

そんなビタミンB12ですが、貧血だけでなく、脳の働きにも関わりがあるそうです。例えば、脳の機能を活性化させたり、記憶力や集中力を高めるなどの効果が挙げられます。
逆に、ビタミンB12が不足してしまうと、貧血を起こしたり、脳を萎縮させてしまうのです。

人間にとって大切な脳と血液の働きをサポートするのに、ビタミンB12はとても重要なビタミンだと言えますよね。これからは、積極的にレバーなどを摂取していくようにしましょう。

※認知症予防に良いからといっても、特定の食材を食べ続けると、食生活が偏ってしまいます。また、偏った食生活は、脳に悪影響を与えてしまい逆効果となります。栄養のバランスの良い食事をとることが大切です。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね♪



シェア