認知症予防ガイド > 認知症予防の方法(食材) >

鯖(さば)で認知症予防 ブックマーク数

鯖で認知症予防

(さば)は認知症予防の効果がある食べ物だということをご存知でしたか?

鯖(さば)で認知症予防

鯖には、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸という成分がたっぷり含まれています。この不飽和脂肪酸とは、心臓や脳などの人間にとって重要な器官や組織には欠かせない成分のことを指します。

効果としては、血液中のコレステロール濃度を低下、血液をかたまりにくくする働きや炎症を抑える働きが挙げられます。これが、一体どのように認知症に影響してくるのでしょうか?

鯖に含まれる不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は、生活習慣病や動脈硬化を防ぐ作用を持っています。生活習慣病や動脈硬化は、認知症を引き起こす原因として考えられており、それを食い止めることが出来れば認知症の進行を抑えられますね。

また、不飽和脂肪酸のDHAによって脳の情報伝達機能を高める効果があります。そのため、記憶力や集中力を維持させる働きを持っているそうです。

青魚の中でも、鯖は不飽和脂肪酸を多く含むと言われています。食生活の中に鯖などの青魚を取り入れてみましょう。

不飽和脂肪酸と悪玉コレステロール

不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを抑える効き目があると言われています。そのため、脳梗塞や心筋梗塞などの予防に役立つそうです。コレステロールが高いことで引き起こされる脳梗塞や心筋梗塞ですが、鯖で予防出来るのは嬉しいですね。

※認知症予防に良いからといっても、特定の食材を食べ続けると、食生活が偏ってしまいます。また、偏った食生活は、脳に悪影響を与えてしまい逆効果となります。栄養のバランスの良い食事をとることが大切です。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね♪



シェア