認知症予防ガイド > 認知症予防の方法(食材) >

椎茸で認知症予防 ブックマーク数

椎茸で認知症予防

脳を活性化させる効果が椎茸にあるということをご存知でしたか?

椎茸には、エリタデニンやフィトステリ、グルタミン酸といった成分が含まれています。いずれも、認知症予防にピッタリな成分だそうです。

エリタデニンの効果

まず、エリタデニンの効果についての説明をします。エリタデニンには、悪玉コレステロールを低下させる働きがあります。また、動脈硬化から血管を守り、認知症を防ぐ効果を持つそうです。

フィトステリの効果

次に、フィトステリについて説明します。フィトステリは、エリタデニンと同じくコレステロール値や血圧を下げる効果があるそうです。そのため、総合的に作用して認知症になる可能性を下げるのに役立ちます。

グルタミン酸の効果

最後に、グルタミン酸についての説明です。
椎茸の旨味成分には、グルタミン酸と呼ばれる物質が含まれています。このグルタミン酸には、脳の老化を抑えると言われているそうです。脳の栄養素として、グルタミン酸は欠かせないほど重要な成分だと言われています。

また、椎茸にはβグルカン、食物繊維の成分も含まれています。椎茸一つだけでも、認知症に役立つ成分が多く含まれているのですね。

※認知症予防に良いからといっても、特定の食材を食べ続けると、食生活が偏ってしまいます。また、偏った食生活は、脳に悪影響を与えてしまい逆効果となります。栄養のバランスの良い食事をとることが大切です。

スポンサードリンク

この記事がお役に立ちましたら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね♪



シェア