認知症予防ガイド > 認知症の知識 >

認知症とは? ブックマーク数

認知症という言葉をよく耳にしますが、どのような病気なのでしょうか?

認知症とはどのような病気なの??

認知症とは、正常に働いていた脳が様々な原因で知能が低下してしまうことです。

例えば、同じ話を初めて話したかのように何度も繰り返したり、食事をしたのに食事したことを忘れてしまうなどが認知症の方によく見られます。

このように、認知症になると脳の記憶力や判断力が徐々に落ちてしまいます。たまに「高齢者になると必ず認知症になる」という話を聞きますが、そういうわけではありません。

認知症はあくまで脳の病気のことです。癌や糖尿病も一種の病気なので、なる人とならない人が出てきますよね。認知症も歳をとったら絶対になるということないのです。

この記事がお役に立ちましたら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね♪



シェア